RSS

NEWS

【女優最新ニュース】ハリー王子が婚約者メーガンに見る「亡きダイアナ妃」の面影

【女優最新ニュース】ハリー英王子を虜にしたメーガン・マークルの両親の教え

【女優最新ニュース】田中麗奈 したたかにうざったく、助演賞に「本当にうれしい」

【女優最新ニュース】伊東蒼 史上2番目年少でスポニチGP新人賞 夢は“天下獲り”

【女優最新ニュース】あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”

【女優最新ニュース】宮沢りえのマンションから森田剛 芸能記者を走らせた“妊娠情報”

【女優最新ニュース】長澤まさみに女優主演賞、良作との出合い喜ぶ「運あると思う」

【女優最新ニュース】菅田将暉 拳でつかんだ初タイトル、ボクサー演じ男優主演賞

【女優最新ニュース】元子役・吉川愛が美少女に成長!18歳、初めてづくしの写真集

【女優最新ニュース】60歳間近の久本雅美、“還暦祝い”で赤いドレスに初挑戦

【女優最新ニュース】ようやく報道陣の前で笑えた宮崎あおい

【女優最新ニュース】老人ホームで再起を図る!?全てを失った劇作家の人生再生コメディー

【女優最新ニュース】トランプ政権の映画化!? メラニア夫人役には、あの人気女優

【女優最新ニュース】<動画>桜田ひより、キャラ愛が止まらない 「咲-Saki-阿知賀編」魅力を熱弁

【女優最新ニュース】福山で「北の桜守」先行上映会 吉永小百合さんら舞台あいさつ

【女優最新ニュース】ソフィア・コッポラが来日 新作『ビガイルド』や女性監督の活躍も語る

【女優最新ニュース】横山由依「CHEMISTRY」とコラボ「私がここにいるのはお2人のおかげ」

【女優最新ニュース】カトリーヌ・ドヌーヴ、アンチ「Me Too」の声明を謝罪

【女優最新ニュース】元宝塚男役トップスター、音月 桂さんの少数精鋭でミニマムかつ、効率重視ベストコスメ

【女優最新ニュース】<森星>ハワイのビーチでドレス姿や水着姿に 「VOGUE GIRL」の人気企画に登場

アーカイブ

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    【芸能】大和悠河が再び、ピュアでクールなロキシーに!!

    2016年08月17日 8:37 大和悠河

    2014年に宝塚歌劇100周年を祝い制作された、宝塚歌劇OGバージョン、オール女性キャストによるブロードウェイミュージカル『シカゴ』が、再演される。主役のひとり、ロキシーを演じる大和悠河に作品への思いを聞いた。

    大和悠河の画像

    稽古では、ブロードウェイから来たスタッフに「がむしゃらにやってはダメ。もっと、クールにスタイリッシュに」と指示されるという。「稽古をしているとどうしても燃えて熱くなってしまう(笑)。前回よりもさりげないカッコ良さが出たロキシーが目標ですね」

    1920年代のシカゴを舞台に、殺人の罪を犯したヴェルマとロキシーが刑務所で出会い、様々な策を巡らせ、無罪を勝ち取りショービジネス界でスターになっていく物語。女を武器に、男性やマスコミを踏み台にしてのし上がるロキシーは、色っぽくて魅力的だ。「ふたつ道があるとしたら、どちらを選ぶべきか、本能的にかぎ分けられる。ロキシーは、とにかく自分の心に正直でピュアな人。私も宝塚の男役に憧れてこの世界に入り、夢を叶えたので、彼女のスターへの思いは共感できますね。多くの人に元気を与えられる役だと思います」。また、直訳すると「多くの男たちは私をケアしてくれたけど、彼らは私の背中を引っ掻いているだけ。私もね」など、ロキシーとヴェルマが歌う楽曲の歌詞はシニカルで洒落ている。「私はブロードウェイで何回も見ましたが、観客はいつも歌詞やセリフを聞いて大笑いするんです。私もその皮肉たっぷりのユーモアを伝えられたら」

    さらに、ボブ・フォッシーの振付を元にした、アン・ラインキングによるセクシーな振付も素晴らしい。彼女はフォッシーの元恋人で、20年前にブロードウェイでロキシーを演じた。「振付の全部に意味があるんです。ヘタな装飾は一切なく、今、ここでこう感じているから体が動くといった踊りです」

    1996年にブロードウェイで開幕したリバイバル版の『シカゴ』は、今でもロングランを続け、今年で20年目を迎える。その節目の年に、宝塚歌劇OGバージョンの今作が、ニューヨークのリンカーン・センター・フェスティバルでも上演されることになった。「今、ブロードウェイの最新の振りを教わっています。芝居や歌を含めすべて無駄なものが削ぎ落され『シカゴ』は進化し続けている。それがブロードウェイで20年間も愛されている理由ですね」

    宝塚歌劇OG初の海外公演となる。「どういう反応になるか楽しみです。私たちには宝塚で培ってきた品格がある。それを武器にエレガントで美しい舞台をお届けしたい。東京と大阪の公演は、ニューヨークの後ですから、さらにパワーアップしたステージを見ていただけると思います」

    8月21日(日)まで東京国際フォーラム ホールC、8月25日(木)から31日(水)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。チケットは発売中。

    取材・文:米満ゆうこ

     


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー